ストレス激減・仕事の調子が上がる!あなたは一番大事な人を喜ばせてますか?

こんな生活いつまで
続けるんだ・・・

お母さんのために・・・

2015年に両親が離婚。
それから母は女手一つで
僕を育ててくれました。

毎日のように仕事に行ってくれて、
ご飯も本当に美味しい。

好きな料理は、
定番だけど肉じゃが。

モツ煮も美味しい。
ある日の自粛期間で
作ってくれた豆乳うどんは
信じられないほどおいしかった。

掃除・洗濯も
全てやってくれて
本当に感謝しかない。

「次のお母さんの誕生日は
 盛大にお祝いするぞ!」

そう思っていたんですが、、

The 大学生

大学生の僕は
遊びにバイト、勉強で忙しい。

東京ドームスタッフの
バイトは1日ぶっ通し。

野球チケットをモギったら、
お客さんを席案内。
ついでに巨人戦が観れるから
めちゃんこ楽しい。

違う日は、学校行って、
バイトで親子丼作り帰宅が23時。

実験レポートが書き終われば、
ショッピング&カラオケ&飲み

家にいることなんて
ほとんどなかった

僕が寝ている間に
母は家を出るため、
顔を見ることも少なかった。

それでも迎える
3月の母の誕生日
どんなお祝いができたのか!?

ビンタ100回じゃ足りない

「一体僕は何をやっているんだ!」

こんな大事な日に
バイトを入れるなんて!

しかも残高を見ると3,000円。。。

こんなんじゃ盛大なお祝いなんて
元々無理だったんだ、、。

こうして母の誕生日は
何もできずに過ぎた。

そして、それを3年間繰り返す。。。

家にも心にもどんより雲がかかる

友達にはちょこちょこ
プレゼントを渡している

でもなんで
一番お世話になっている
 お母さんに渡していないのだろうか?」

「なんてひどい息子なんだ」
そんなことを何度も考えました。

お母さんに合わせる顔がない。。。

バイトしたって遊びにお金が
どんどん消えていく…。

手伝う家事は唯一ゴミ出しぐらい。
あとは立ち仕事で疲れている母に
全てを押し付ける…。

友達にはプレゼントを渡すくせに
一番お世話になっている母には
渡せない…。

もちろん友達も大事だけど、
母を後回しにするのは
どう考えても優先順位
わかっていない。

こんな生活じゃ僕自身も、
母もどんどん不幸になってしまう。

「ああ、自分が嫌だ」
心がボロボロでした。

このとき、誰がお母さんの嬉し涙
想像できただろうか?

家事・プレゼント
大事なのは会話

今でも親孝行を
後回しにしているのか?

答えはNO。

おはよう、おやすみの
挨拶を毎日交わし、
食事はほとんど一緒だ。

積極的にコミュニケーション
取るようになった。

サプライズで、散歩ついでに
立ち寄ったケーキ屋さんで
ケーキのお土産を買うこともしばしば。

いい匂いに釣られて
知らぬ間に足が勝手に
お店の方に向かっている。

ずらっと並べられた
ショーケースを見て、うっとり。

チーズケーキ、ショートケーキ、
モンブラン
ベターなものをチョイス

母も弟も喜んで食べてくれました。

なんでもない日のプレゼントで積み上げるんです。

お皿洗い、洗濯物を干すしまう。
家中のゴミをまとめて出す。
お米を研ぐ。トイレ掃除。
などの家事を手伝っている。

ゴミ出しの大変なとこは
家中のゴミをまとめること、
そして、袋を変えること
だということにこの時気づいた

気分転換にもなるし、
ありがとう。助かる
っていう言葉をもらえる。

お金も生活の余裕もなくて
毎年母の誕生日に
何もしてあげられなかったが、

今年は六本木の鉄板焼き屋さんで
初めてご馳走することができた。

宮崎県産黒毛和牛100%
ハンバーグステーキは
一生忘れられない味になりました。

22歳で自分のお金で豪華なご馳走ができて幸せ

さらには、誕生日ケーキで
白金高輪にあるGUZTAという
バスクチーズケーキを用意。

日常の何気ない会話の中で、
「チーズケーキが食べたい」
というのを言っていたので
最高級のものをサプライズ

まずはこのお店のチーズケーキをプレゼントしてみてはいかが?オススメします

幸せそうに涙を流しながら
食べてくれました。

卒業式では、
まず家族と写真を撮ることを優先。
そのあと友達のところに合流した。

満足のいく最高の笑顔の
家族写真が撮れました。

どうして、僕は、
母に感謝を示せるようになったのか?

一番大事な人を認識してますか?

感謝を示す人になる方法

僕が親孝行できるようになったのは、

「身近で一番大事な人を
 喜ばせる」

ことをまず一番に
意識するようにしたから。

最初は「センキュー」
を意識的に多く
使うようにした。

だって「ありがとう」は
恥ずかしいですからね。

それから食事をなるべく
一緒に摂るようにした。

僕にとって身近で
一番大事な人は母。

その母が喜ぶのは
僕と一緒に過ごす時間
増えることだと考えたから。

こんな些細なことでも、
毎日が充実して、
ストレス悩みが減りました。

すると収入も
プラス10万円、20万円、30万円
となった。

物販で最初から結果が出たのは、
人を喜ばせること
大事にしていたから。

継続して結果を出し続けられたのは、
人を喜ばせること
大事にしていたから。

経済的にも余裕が生まれ、
さらに喜ばせることができるように。

心の余裕が生まれると、
以前の3年間とは比べられないほどの
感謝を示す人間になれたのです。

あなたの
「身近で一番大事な人」
は誰ですか?

なぜ、人生がいい方向に傾くのか?

親とコミュニケーション
取っていますか?

人間は不思議な生き物なんですよね。

自分にとってどうでもいい人には
気を遣うくせに、

一番お世話になった人や
一番自分を好きでいてくれる人、

つまり、自分にとって
一番大事な人
一番ぞんざいに扱うんです。

隣のテーブルの
その場で知り合ったような人に
テキーラを奢るくせに、

母の誕生日には
花束の一つすら渡さない。

自分を慕ってくれる
可愛い後輩を後回しにして、
遅刻してくる後輩の注意に
時間をかける。

身近で一番大事な人を喜ばせる

という考え方に変えることで

お金の使い方が上手になる。

自分の人生に欠かせない
大事な人が見えてくる。

一番大事な人をおろそかにして、
そうではない人に
時間を注いでしまうことが減ります。

〇〇の社長も実践

「考え方を変えるって難しいよね」
って思われたかもしれません。

「余裕があるから
 そういうことができるんだよ」
って思われたかもしれません。

ロベルト・ゴイズエタ氏
をご存じですか?

普通なら知りませんね。
僕も当然知らなかったですが、

コカ・コーラの社長を
16年間やっていた人です。

簡単に想像できることですけど、
コカ・コーラの社長なんて
忙しいに決まってます。

週7でレポート提出するより
圧倒的に忙しいんでしょう。

そんな忙しいのに、
毎日必ず電話していた人が
いるそうです。毎日ですよ

それはウォーレン・バフェット氏

バフェット氏は
コカ・コーラの大株主だったため、
毎日電話して、

「ペプシがうちを挑発するような
 広告を打ち出してきたんですよ。
 あいつらめ」

「ペプシがマイケルジャクソンと
 CM契約結んだようです。
 これは参りました」

「うちはサッカーの王様ペレを
 CM起用します。負けてたまるか」

毎日毎日全部
報告していたようです。

ゴイズエタ氏はわかっていたんです。
誰が自分にとって、会社にとって、
一番大事な人かを

だから、どんなに忙しくても
電話を欠かさなかったんです。

そのため、バフェット氏も
コカ・コーラの業績が
どれだけ下がろうが
支援し続けたそうです。

僕だけじゃなくて、
コカ・コーラの社長もやっていたんです。

あなたにだって
できるに決まっています。

仕事でも、
あなたの周りの人間関係でも、
一番大事な人をしっかり認識して、

その人にまず
喜んでもらうことを
意識しましょう。

こんな将来にしたくないですか?

あなたが考え方を変えられたら…

  • ずっと支えてもらえる
  • 相手からの感謝・愛が増える
  • 恩返しをいつまでも
    後回しにすることがなくなる
  • 人間関係のストレスが減る
  • 仕事の調子が上がる
  • 稼ぎ続けるための土台が備わる
  • 収入が少しずつ増えていく

変わり始める瞬間は今しかない

一番大事な人をしっかりと認識し、
その人たちからまず喜ばせたり、
感謝をしたりするように
してくださいね。

その人物をコメント欄に
記載してください。

今日この記事に出会ったのだから、
この場から変えていきましょう。

感謝を示すタイミングを
後回しにするのは
損でしかないですよ。

そうすれば、自ずと仕事、
副業の方もうまくいき、
収入が上向きになります。

感謝を示せる人
成長したあなたと
僕は一緒にビジネスがしたいです。

また次の配信で会いましょう!

“ストレス激減・仕事の調子が上がる!あなたは一番大事な人を喜ばせてますか?” への3件の返信

  1. よっちん より:

    しまひかさん素敵すぎます!
    私も両親に恩返しできるように頑張ります!

  2. とり より:

    しまひかさんはまず考え方を変えた。
    そしたら、人間関係が良くなり、副業がうまくいくようになったのですね。
    私も親孝行します。後回しにせず、まずやるべきこととして認識しました。

  3. 井上成美 より:

    私も母子家庭です。
    もっといい親孝行ができるように頑張りたいと思います。

コメントを残す